説明する医者と薬を飲む女性
公開履歴
手で持たれる人間の脳のイラスト

てんかんには、いろいろな症状があります。
いろいろな症状が出てしまい、そこで初めて自分自身がてんかんであった、または親御さんが子供がてんかんであった、と気づくケースが圧倒的に多いです。

産まれたときにはまったくその傾向がなく、分からなかった場合も多くあります。
例えば小学校の運動会などで、徒競走などを行っていた時に、急にてんかんの症状としての発作、意識がなくなってしまい、そのまま倒れてしまう、意識がなく話せなくなってしまうケースがあります。
このような症状から、てんかんだと診断されるケースなどがあります。

また、社会人になってもこのことに気づかず、バスなどの運転や車の運転、自転車の運転を行っていたところ、急に意識が飛んでしまい、気づいたら事故になってしまっていたというケースもあります。
てんかんの診断がくだされることがあるのです。

そのため、幼少から社会人になるまで、まったくこのことに気づかず、自分自身が病気を持っていると知っている人は、少ないケースもあり、また同時に、突然のことに驚かれるケースもあります。
また、てんかんの患者さんの症状として、強い不安感などや絶望感から、リストカットをしてしまうことなどがあります。
手などにそのリストカットの痕を隠すための、バンドがされていたり、そのような症状から、親御さんが気づくケースや、お友達が気になって、心配して気づくケースなどがあります。

また、突然、普段はとてもいい人であるのに、急に暴力的になってしまったり、感情の起伏がおかしくなってしまうなどの症状が出る場合もあります。
ただの性格のせいである、と思っていた場合も、実はてんかんの症状であった、このようにして、気づくケースなどがあります。